Repetto(レペット)日本公式オンラインストア

ショッピングカートに商品はありません

Foundation Repetto

Foundation 'Danse pour la Vie'

2007年、ブランド創立60周年を記念してレペット社CEOのジャン=マルク・ゴーシェは基金“Danse pour la vie”(生きるためのダンス)を立ち上げました。 この基金は世界中のダンススクールをサポートし、芸術的表現を通じて子どもたちの教育と社会復帰を後押しすることを目的としています。

“Danse pour la vie”(生きるためのダンス)という名前の通り、ダンスを教育や社会復帰または人間的成長のツールとして活用し、目に見える成果を出していくことを望んでいます。

このプロジェクトは芸術とヒューマニズムというユニークな組み合わせです。 世界には高い授業料や必要な用品を払うことができず、ダンススクールへ通えない子どもたちが多くいます。

またレッスンでダンスシューズやタイツがぼろぼろになってしまったとき、エトワールになるという夢を諦める子どもたちもいます

そのような子どもたちをサポートするため、キューバ・ハイチ・南アフリカ・ブラジル・ウクライナなど世界中のダンススクールにダンスシューズやトゥシューズ、タイツなどを提供しています。

これによって子どもたちは見た目の完璧な美しさだけを求めるのではなく、自分に自信を持つということに集中して学ぶことができます。また良いダンスシューズを履くことでより良い動きができるようになって、夢に近づくことができるようになりました。

Training session in a dance school in Cuba

ダンススクールでのレッスン(キューバ)

“Danse pour la Vie”は、ダンスウェアは美しい見た目を作るためのものだけでなく、何よりも“本物”と“自信”を学ぶことにつながると考えています。

EDISCA(ブラジル): 子供とティーンエージャーのためのダンススクール。 目的はフォルタレザのファヴェーラ(スラム街)の子どもたちをダンスと教育を通じて更正させることです。

Children in their shantytown in Brasil

ファヴェーラの子供たち(ブラジル)

Repeat the same movements until controlling it

できるようになるまで何度も同じ動きをくり返す子供たち

またフランスとウクライナの団体“Les Petits Souliers”は社会的危機という困難な状況下で、ウクライナの文化的財産の認知度と人々の期待を高めることを目的としています。特に子どもたちに幸せをもたらすことでそれを実現しています。

ポピュラーアートのアトリエ(キューバ)。キューバの文化省は「教育の一環としてのダンス」をプロモーションしたいと考え、全国の地方自治体でダンスレッスンとダンス指導のプログラムを始めました。国立バレエ学校の教師が、非常にアカデミックで厳しいレッスンを行っています。

Children in their dance school in Cuba

ダンススクールでのレッスン(キューバ)

南アフリカでは“Dance For All”というNPOが、恵まれない子供たちにダンスを教えています。またこのNPOは全てのコミュニティにオープンな教室を毎日開催しています。

Rehearsal for the Dance For All children

Dance For Allのリハーサルの様子

The Dance For All students during class

Dance For Allのレッスンの様子

ハイチでは2010年の地震の後、若いダンサーをサポートするため“Danse pour la Vie”より15,000点以上のダンス用品が寄付されました。

Children during a dance class

レッスン中の子供たち

Children during a dance class

レッスン中の子供たち